FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

としこし

お前さんはからっぽだねえとじいさんが言った

「からっぽであれといったのは誰なのさ。純真無垢であれと願ってぼくをあいしたくせにそういうことをいう
ぼくのなかからあふれでるものがないとなじってじいさんはいっぱいもってるよっていいたいだけなくせに」

くつくつと誰かが笑った気がして おもしろくはない

点々と空から氷が降ってきて
誰彼かまわず痛みを与えて往く

雨だったら飲み干してやるのに と
言ったのは ぼくだったかじいさんだったか
じいさんはありえないか

ぼくのなかからあふれでるものは
恐ろしいほど深く 暗く それが何か理解できない
それでもぼくはこれを誇り じいさんを否定する
あんたはそれを持ってはいない
持てるはずも無い

木のすべてを本にしてやろう と
言ったのは わたしだったかお前さんだったか
お前さんはありえないか

土が浮き上がり足場をくずして往く
そこにいるのかと

うそつきめと声が気がして くだらないと笑った

「                                       

                                                  」

じいさんはずるいとお前さんが言った
間違ってはいないとわたしは笑った 笑ってやった



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

海

Author:海
(カイ)
女。
詩を書いてます。


ねくらのチキン

めんどくさがりだけど
くだらないことばっかするけど
いきなりマジになる


※今まで俺という主語を使っていましたが、最近、私という主語になりました。
なので、前の記事に行くと、俺という主語になってます。
人が変わったといったことではないので、ご了承ください。


気ままに更新中

文章諸々無断転載禁止
リンクフリー

sidetitleランキングsidetitle

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 ポエムブログへ
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。