FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカな旅人

「馬鹿は利用できていいね」

フルーツバスケットの紅葉の台詞が、頭に響く今日この頃です。

漫画です。
昔はただただ切なくて泣けたのが、年を取ってから、染みるようになりました。
台詞のあちこちの、意味を理解してしまう。
昔は人と人が離れたり、和解する様が泣けて仕方がなかったのですが。
今、読んでも泣けますがね。

最初の台詞の経緯を軽く。
誰に対しても優しく、自分さえも捧げてしまう母のような主人公。
その主人公のことを、「馬鹿だ」と主人公に救われた人がいいます。
主人公の友人は、その人に「馬鹿は利用できていいね」といいます。
その人はただただ、泣いてしまいます。
だって、その愚かさは、ひどく優しく救われる、愛しいものです。
馬鹿かもしれないけど、その人にしては馬鹿ではないのです。

なんで最近、この台詞が浮かぶのかなあ…と思う。
きっと、私は馬鹿のほうになろうとしている。
けれど、漫画の主人公のような慈愛は持ち合わせていなくて。
その馬鹿さとは、受け止めてくれる人や、与える人がいないと成立しない。
それでいて、慈愛というよりも、自暴自棄に近いのかも(苦笑
利用されてもいいかな、って思うのです。
何もしないで後悔するよりは、自分で納得できるって。
それで利用されたら、されちゃったよ!あははーばっかでーい!ぐらいのが辛くない。
笑ってやりますよ。…自分を(笑
暗いなあ、自分(笑

良かったら、フルーツバスケットを読んでもらいたいなあ。
今回の台詞は、作中にでてくる「バカな旅人」っていう絵本が関わってきます。
そのお話が、単純なんだけれども、胸に響きます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

海

Author:海
(カイ)
女。
詩を書いてます。


ねくらのチキン

めんどくさがりだけど
くだらないことばっかするけど
いきなりマジになる


※今まで俺という主語を使っていましたが、最近、私という主語になりました。
なので、前の記事に行くと、俺という主語になってます。
人が変わったといったことではないので、ご了承ください。


気ままに更新中

文章諸々無断転載禁止
リンクフリー

sidetitleランキングsidetitle

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 ポエムブログへ
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。