FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からから、返ってきました

おかえりと声がした気がして
ドアの向こうに目を凝らした

透かせないはずなのに
見える気がして
僕の目は
細む

おかえりの意味を、お前は知っているのか?
僕は、いや、私は内に居て
帰るべきところにずっといたのだ
そうだろう?

いつの間にやら語りだした僕は
ただ1人
そこにいるわけなどなけれど
ただ口を回して 空気を泳ぐ

ドアの主は何もいいやしない

いないものを望んで
内の内に溶け込んで
僕はひとつを望んで
そうやって生きてる

返事など返るはずもないよ
と ドアの向こうよりも近く
僕の横からそう聞こえた


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

海

Author:海
(カイ)
女。
詩を書いてます。


ねくらのチキン

めんどくさがりだけど
くだらないことばっかするけど
いきなりマジになる


※今まで俺という主語を使っていましたが、最近、私という主語になりました。
なので、前の記事に行くと、俺という主語になってます。
人が変わったといったことではないので、ご了承ください。


気ままに更新中

文章諸々無断転載禁止
リンクフリー

sidetitleランキングsidetitle

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 ポエムブログへ
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。